ココナッツオイルトリートメント HILOT THERAPY SCHOOL

講師紹介

講師紹介

山口 理津子(Ritsuko Yamaguchi)

photo_yamaguchi
私がヒロットを知ったのは2005年で、日本にはまだないヒロットを日本へ導入するため、技術の開発をしてほしいという依頼をいただいたのが最初でした。 それから数カ月後の2006年にフィリピンへ行き、現地のトラディショナルヒロットを学び、ヒーリングパワーをもらうという貴重な体験をしました。 そこから、トラディショナルヒロットを日本人に合うようにアレンジしていきました。 現在のヒロットセラピーになるまで、ヒロットのスピリット、トラディショナルな技術や考えはきちんと伝わるよう、様々な試行錯誤を繰り返しました。 新たなヒロット師との出会いもあり、ダグダガイやベントーサの技術も伝授していただきました。 その後、日本でヒロットセラピースクールとサロンを立ち上げ、講師としてインストラクターやサロンスタッフの育成を行ってきました。

ヒロットは、初めての方でも、他の技術を持っている方でも取り入れやすく、また満足感の高い施術です。現代の私たちが知らず知らずのうちに溜め込んでいる、コリや詰まりを流し、力強くダイナミックな手技で、温かく活性化させて全体のバランスを整えていくことができます。

また、ヒロットには、「やさしく触れる」「位置を整える」などの意味があり、やさしさと力強さの心地よい波がクライアントに伝わり、心身のバランスを取り戻すことで、生活習慣の改善や自然治癒力の強化にも繋がっていきます。

アーユルヴェーダのセラピストからはじまり、約15年間、多くの方の施術や技術指導を行ってきました。今現在も、オーナーセラピストとして、毎日お客様に接しています。これまでの経験を活かし、部分ではなく、全体を見て施術やアドバイスができるよう、ヒロットを通してお伝えしていきたいと思っています。

セラピストの活躍の場は広く、サロンで働く、サロンを開業するのはもちろん、お家で身近な人へも活用することもできます。ヒロットとセラピストの環を一緒に広げていきましょう!

プロフィール

2002年 アーユルヴェーダの第一人者、西川眞知子に師事。 直営サロン、スパ、統合医療施設にてセラピストとして従事する。 同時に、インストラクター、統括マネージャーとして、生徒やスパスタッフへの技術指導、スクールの運営を行う。
2005年 統合医療施設内のサロンに、セラピストとして勤務。
2006年 フィリピンの伝統療法ヒロットを日本へ導入するため、技術開発、スタッフ育成、新規店舗・スクールの立ち上げを行う。
2009年 プライベートサロン、アジアントラディショナルヒーリングサロン senang senang をオープン。
〇アーユルヴェーダのボディリフレクソロジー 〇アーユルヴェーディックヘッドマッサージ 〇ロミロミ 〇臼井式レイキ ファースト、セカンドディグリー 〇ナーブタッチタイマッサージ
▲PAGE TOP

中村 ラケル(Raquel Nakamura)

photo_nakamura
日本でタレントとして活躍するため来日しました。30代になってから、お肌に悩みを抱えていたため、POLA化粧品と出会い、通い始めました。

支店長に惚れられ、エスティシャンにならないかと誘われたため、エステティックフェイシャルを勉強し、エステティシャン・販売員をしていました。 フェイシャルとヘッドマッサージがお客様から人気になり、ボディのマッサージもしてほしいと要望がありました。

妹がフィリピンでベテランセラピストとして活躍しており、マッサージについて相談したところ、やってみたらとすすめられました。フェイシャルだけでなく、ボディのトリートメントもできれば、身体全部をメンテナンスしてあげることができ、お客様がもっと健康になり、Relaxもできるだろうと思いました。

そんな時、在日フィリピン人向けの新聞でHilot Therapy Schoolの記事を見つけ、母国フィリピンのヒロットを日本で学べるなんて!と学び始めました。 自分のお客様にBodyとFacialのトリートメントを提供したいと、2007年にヒロットサロン『COCO HILOT』をオープンしました。

セラピストをしているうちに、「この仕事は年齢も関係なく・自分の好きな時間に・自分の好きな仕事ができる。また、学び続けることで自分も健康になり、人を健康に・癒せることができるなんて、こんなすばらしいことはない!今まで知らなかった新しい自分・新しい世界を知ることができる!もっとみんなにも教えてあげたい!」と思い、フィリピン人として、国の代表として、もっとヒロットを広めるため、ヒロットインストラクターになりました。

日本いるフィリピンの方・外国の方・日本の方、ヒロットを通じて今までの自分が知らない新しい自分・新しい世界を是非一緒に発見してみませんか?

My name is Raquel Nakamura,I`m 41 years old.I live`d in Sumida-ku Tokyo.I love doing things like taking photo`s,listening to the music& be with friends..

I have been here in Japan for almost 18 years.

Way back Year 2000 when i was studied esthetic facial here in tokyo.To become an esthetician we do also a simple massage.Some of my clients ask me why don`t you study massage too…?? your hands is like a therapist …

Where in the family ,my sister is also a veteran therapist in the philippines. i ask her that i want to learn hilot ,so that i can serve my client what they really need in terms of relaxation. like One step..One shop then done thier needs….

That`s what happen last 2006 when i saw the the hilot theraphy page in one of the phil.news paper that distributeted in phil.community in Japan.Then i decided to study as a therapist. because i felt something that this is it …this is what i want….this is what i really want to be …a good combination as a etshetician to learn more about the physical theory .to make the story short…

Because of having an experience as a esthetician i open my own salon in Kinshicho (cocohilot)sad to say…it has been last for 4 yrs…..

I love giving massage and talking to my client needs giving some advices too.I can`t explain the feeling ,when i saw them feel relaxed i feel the same way too.

And now i am a therapist/instructor at the same time at Hilot theraphy school.Please come and visit us !!!Enroll now…

プロフィール

1970年12月20日 フィリピン(マニラ)生まれ/趣味:写真・Music・友達と過ごすこと
1994年 仕事のため来日し、日本とフィリピンを行き来する
2000年 POLA化粧品の販売員・エスティシャンとして活躍
2007年 国際ヒロット協会 ヒロットセラピストの資格を取得 同年 錦糸町にヒロットサロン『COCO HILOT(ココヒロット)』をオープン サロンオーナー・セラピストとして約4年活躍
2010年6月 国際ヒロット協会 ヒロットインストラクターの資格を取得
2011年8月 フィリピン国家資格『TESDSA』を取得
ヒロットセラピースクールのインストラクターとして、サロン『さんぱぎーた』のセラピストとして活躍中。 日本語堪能で、日本人の生徒さん・お客様からも人気を集めている。
▲PAGE TOP

佐藤 香織(Kaori Sato)

photo_ishizawa
私が初めてヒロットを知ったのは2007年冬です。何か趣味を見つけたくてとある雑誌を見ていたところ、たくさんあるスクールの中で【ヒロット】というワードが目に飛び込んできました。全くフィリピンとは縁もゆかりもない私ですが、何故かフィリピンの伝統療法という言葉に惹かれ、スクールに体験に来たのがきっかけです。『何~なんか不思議な手技だ~ほぐされる。。。』と思っているうちに寝てしまったのですが・・・でも気持ちの根底に残った想いはとても心地がよく人に触れられるという事が心身ともにこんなにほぐされるんだという事。スキンシップを初めて意識した瞬間でもありました。触れてもらうことがこんなに気持ちいいなんて。。。こんな事ができる人になりたい!と、ここから私のセラピスト人生が始まりました。今ではフィリピンの神秘に触れどっぷりヒロットにはまっております。

▼ 続きを読む

米矢 祥子(Shoko Yoneya)

米矢
私がヒロットに出会ったのは、広島のSPAに勤務している時です。 これまでに、タイ古式マッサージ、スウェディッシュオイルトリートメント、指圧ボディケア、中国式足底療法など様々な技術を学んできましたが、ヒロットの技術を学んだ時に今までとは違う感覚を受けました。 この技術を学びたい!と、吸い込まれるようにヒロットに魅了されていきました。

フィリピン現地のヒロットではスピリチュアルな所がありますが、私の祖母も、不調を訴える人の体に手を当てたり、喘息には背中に”もぐさ”を付けて焚き、楽にするといったことをしていました。幼い頃からこういった光景を見てきた私は、ヒロットの特徴の説明を受けた時にすぐにそこに繋がりました。

▼ 続きを読む

佐ノ川谷 仁美(Hitomi Sanogawaya)

佐ノ川谷写真
15年前の学生時代のボランティア研修で、タイの山岳地帯にあるカレン族の村やミャンマーに行く機会がありました。

歩いて歩いて、とても重くなった足がタイの空港で受けたフットマッサージ後、羽が生えたように軽くなったのをきっかけにタイやアジアのトラディショナルなマッサージや文化、薬草学に興味を持ちました。

タイや東京のマッサージスクールへ通いつめ、2007年5月に大阪初進出のHilot岸和田リバティ店にてセラピストとして勤務しました。 温浴施設の為、湯治目的のお客様も多く、甘いココナッツの香りとHilot独特のダイナミックな手技は好評でした。

▼ 続きを読む